本名のバレンタインチョコレートが欲しいなら

バレンタインチョコレートをもらうとすれば、本名と義理チョコのどちらが良いでしょうか。

98%の男性は、本名と答えるかもしれません。ただ実際には、高校生かと20歳以上の大人では少し意味合いが異なります。

 

特に30歳以上で結婚している人と、学生では随分と違う観点でバレンタインを見ているでしょう。学生の場合は、片思いの人からもらえないかとドキドキ1日バレンタインの日を過ごします。大抵の場合片思いの人からもらえる事はできませんが、もしかしたら思わぬ展開に発展するかもしれません。一方で、大人の場合はそのような機会はほとんどありません。同じ会社の好きな女性からもらえるかといったところで、まずくれる事はないでしょう。もちろん、付き合っているに等しいような関係の場合には、この限りではないです。ですが、単純に片思いをしており、そこまでプライベートの話をしたことがないだろうが、よほどのことがない限りまずバレンタインチョコレートはもらうことができません。

 

この場合、どのようにしてもらうかよりも、諦めを考えることがようです。学生のうちであればまだ恋愛するチャンスはいくらでもあります。仮にその人からもらえなかったとしても、もし別の彼女ができた場合そのここからもらえれば良いと言えるでしょう。しかしながら、絶対にその子がいいと言う人もいます。もちろん短期的に見ればそうかもしれませんが、長期的に見れば一生かけて1人の女性を好きになると言う事はありません。果たして、その人がオバさんになってもあるいは誰かの配偶者になっても好きでいることができるかといえばそうでは無いはずです。バレンタインのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です